プレスリリース

ホーム > プレスリリース >「2019年10~12月期 中小企業 景気動向調査」結果報告

2020年1月9日

−業況DI、2013年6月以来のマイナス20台−

一般財団法人しんきん経済研究所は、県西部地域の中小企業を対象に行なった「中小企業景気動向調査」の調査結果をまとめましたので、ご報告します。

  • 1.調査概要(調査/しんきん経済研究所、協力/浜松商工会議所)

    調査時期 2019年12月2日~9日
    調査対象 静岡県西部地域の中小企業658社
    回収状況 回収数630社(回収率 95.7%)
    調査方法 調査表を用いた面接聴取(遠州信用金庫、浜松いわた信用金庫に委託)
  • 2.調査結果

    2019年10~12月期の業況
    県西部地域の中小企業の業況判断指数(DI=「良い」とみる企業の割合から「悪い」とみる企業の割合を引いた数値)は全産業ベースで−20.1となり、2019年9月の前回調査(−9.4)と比べて 10.7ポイントの悪化となった。このマイナス20台は、2013年6月以来のマイナス水準である。米中貿易摩擦の長期化が懸念される中、製造業の更なる悪化で、景気の減速感が強まっている。
    2020 年 1~3 月期の見通し
    次回の業況DIは0.7ポイント改善の−19.4を見込む。
    主な業種別の動向
    業種 業界DIの動向
    全体 2013年6月以来のマイナス20台。
    製造業 繊維以外の製造業の落ち込みにより、
    マイナス30近くまで悪化。

    二輪車部品製造

    売上減少により、4四半期連続のマイナス水準。

    自動車部品製造

    地元自動車メーカーの検査対応により、
    4四半期連続の悪化。

    機械部品製造

    設備投資の停滞で、2013年3月以来のマイナス30台。

    楽器部品製造

    8四半期連続のマイナス水準。工場の老朽化が課題。

    繊維製造

    春夏向けの生産が本格化し、2四半期ぶりの改善。

    製茶製造

    リーフ茶需要の低迷で、5四半期連続のマイナス水準。

    製材製造

    3四半期連続のマイナス水準。
    卸売業 仕入価格上昇により、2四半期ぶりの悪化。
    小売業 消費増税の影響もあり、2四半期ぶりの悪化。
    建設業 年度末に向けて工事が堅調であり、
    10四半期連続のプラス水準。
    不動産業 プラス水準を解消。ただし、商品物件は不足。
    飲食・宿泊・レジャー等 大幅悪化で4四半期ぶりにマイナス水準、
    東京オリンピックに期待。

プレスリリース一覧へ

  • 遠州信用金庫
  • 浜松いわた信用金庫
  • 信金中金総合研究所

PDFファイルをご覧になれない方は、最新のAdobe Readerをインストールしてください。

アドビアクロバットリーダーはこちらからダウウンロード