プレスリリース

ホーム > プレスリリース >「2020年4~6月期 中小企業 景気動向調査」 結果報告

2020年6月30日

−新型コロナの影響で業況DIはリーマンショックに匹敵するマイナス水準−

一般財団法人しんきん経済研究所は、県西部地域の中小企業を対象に行なった「中小企業景気動向調査」の調査結果をまとめましたので、ご報告します。

  • 1.調査概要(調査/しんきん経済研究所、協力/浜松商工会議所)

    調査時期 2020年6月1日~11日
    調査対象 静岡県西部地域の中小企業658社
    回収状況 回収数606社(回収率92.1%)
    調査方法 調査表を用いた面接聴取(遠州信用金庫、浜松いわた信用金庫に委託)
  • 2.調査結果

    2020年4~6月期の業況
    県西部地域の中小企業の業況判断指数(DI=「良い」とみる企業の割合から「悪い」とみる企業の割合を引いた数値) は全産業ベースで−71.4となり、2020年3月の前回調査(−26.4)と比べて45.0ポイントの悪化となった。
    4月の新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言の発出以降、不要不急の外出自粛、イベントの中止などにより、業況DIは過去最低であったリーマンショックから9ヵ月後の2009年6月の−73.6に匹敵するマイナス水準となった。
    2020年7~9月期の見通し
    次回の業況DIは5.7ポイント悪化の−77.1を見込む。
    主な業種別の動向
    業種 業界DIの動向
    全体 新型コロナの影響でリーマンショックに匹敵する
    マイナス水準。
    製造業 リーマンショック後過去最低の2009年3月に近い
    マイナス80台。

    二輪車部品製造

    大手メーカーの工場停止により、6四半期連続の
    マイナス水準。

    自動車部品製造

    過去最低の2009年3月に近いマイナス90台まで悪化。

    機械部品製造

    設備投資不調・工場停止で、過去2番目に悪い水準。

    楽器部品製造

    調査開始以来過去最低の水準。

    繊維製造

    秋冬衣料向けの生産への転換期だが、
    新型コロナで更に悪化。

    製茶製造

    新茶シーズンで売上・収益は改善するも、
    昨シーズンに比べると悪化。

    製材製造

    新型コロナの感染拡大の余波が広がり、悪化。
    卸売業 販売量が減少し、過去2番目に悪い水準。
    小売業 巣ごもり需要あるも、調査開始以来過去最低の水準。
    建設業 工事停滞、2017年6月以来のマイナス水準。
    不動産業 家賃の減額要請あり、2016年12月以来の
    マイナス水準。
    飲食・宿泊・レジャー等 新型コロナの影響が深刻化、調査開始以来過去最低の水準。

プレスリリース一覧へ

  • 遠州信用金庫
  • 浜松いわた信用金庫
  • 信金中金総合研究所

PDFファイルをご覧になれない方は、最新のAdobe Readerをインストールしてください。

アドビアクロバットリーダーはこちらからダウウンロード