リサーチニュース

ホーム > しんきん経済レポート > 2011年No.18 経済センサスからみた業種別従業者

経済センサスからみた業種別従業者

経済センサスとは、事業所・企業統計調査や商業統計調査などの調査を統合し、新たに創設された調査。「経済に関する国勢調査」であり、2009年に初めての基礎調査が行われた。

2009 年基礎調査によると、浜松市には39,572 の事業所があり、従業者数は407,309人となっている。従業者数の業種別内訳(大分類)をみてみると、最も多いのが「製造業」の9.9 万人。ほぼ4 人に1 人が製造業に従事している計算となる。2 番目に多いのが「卸売業、小売業」の7.6 万人。以下、「医療、福祉」(3.8 万人)、「宿泊業、飲食サービス業」(3.5 万人)、「建設業」(2.7 万人)の順となっている。

全国の調査結果をみると、「卸売業、小売業」(1,269.6 万人)が最も多く、「製造業」(982.7 万人)を大きく上回っている。以下、「医療、福祉」、「宿泊業、飲食サービス業」、「建設業」の順は、浜松と同じ。

浜松市は製造業の従業者が最も多いことに加え、全国と比較しても製造業の占める割合が高い(浜松24.4%、全国15.6%)。「ものづくりのまち浜松」を裏付ける調査結果といえよう。とはいえ、過去と比較すると製造業の従業者は減少している。経済センサスの前身である事業所・企業統計調査によると、製造業の従業者数は1991 年13.3 万人、2001 年11.1 万人となっている。調査方法が異なるため単純比較はできないものの、減少傾向が続いている。

そうしたなか、浜松市では「はままつ産業イノベーション構想」を策定、既存ものづくりの高度化により製造業の雇用拡大を目指している。また、「ものづくりのまち浜松」は見方を変えれば、製造業以外に伸び代があるということ。「ものづくりの活力維持」と同時に、医療・福祉やITサービスなど「ものづくり以外の産業の育成」も必要となってくる。

図表 業種別の従業者数(経済センサス)


本稿は12 月1 日静岡新聞「目で見る浜松経済」掲載予定です。
静岡県西部地域しんきん経済研究所とは遠州信用金庫と浜松信用金庫が共同で設立したシンクタンク
です。

しんきん経済レポート一覧へ

  • 遠州信用金庫
  • 浜松信用金庫
  • 信金中金総合研究所

PDFファイルをご覧になれない方は、最新のAdobe Readerをインストールしてください。

アドビアクロバットリーダーはこちらからダウウンロード