リサーチニュース

ホーム > しんきん経済レポート > 浜松市の人口予測−

浜松市の人口予測−

2010年国勢調査における浜松市の人口は80万人。先月、国立社会保障・人口問題研究所において2010年の国勢調査を基準とした将来推計人口を公表、これによると浜松市は2020年には78.6万人に、2030年には74.9万人に減少する見通しである。2040年には浜松市の人口は70万人となり、2010年比10万人の減少となる。

2005年の国勢調査を基準とした前回の将来推計人口では2010年までは増加、減少に転じるのは2015年と推計していたが、2008年のリーマンショックによって想定以上の市外転出が進んだことから、将来はもとより現時点でもすでに人口の減少は始まっている状況にある。これにより今回推計は前回推計よりも早いペースで減少が進むこととなり、2020年には約1.5万人、2030年には約2万人減少が早まる見通しとなった。

人口の減少は地域力の低下を招くことから、将来への備えを今のうちから講じなければならない。他の地域よりも先んじて、若者の就労支援や子育てがしやすい環境、高齢者がいつまでも元気でいられる環境を整備していくことが求められる。より良い住環境と働く場を提供することで定住人口を増加させる取り組みが必要ではないだろうか。

グラフ:浜松市の人口予測

本稿は4月18日静岡新聞「目で見る浜松経済」掲載予定です。
静岡県西部地域しんきん経済研究所とは遠州信用金庫と浜松信用金庫が共同で設立したシンクタンクです。

しんきん経済レポート一覧へ

  • 遠州信用金庫
  • 浜松信用金庫
  • 信金中金総合研究所

PDFファイルをご覧になれない方は、最新のAdobe Readerをインストールしてください。

アドビアクロバットリーダーはこちらからダウウンロード